ServersMan@VPS OpenPNE のインストール


ServersMan@VPS に OpenPNE をインストールする方法をまとめました。

OpenPNEとは

OpenPNEは、誰もが無料で自由に利用できるオープンソースのSNSソフトウエアです。
社内SNSやサークル、ソーシャルメディアやファンサイトなど、現在、30,000以上の組織がOpenPNEを利用しており、多様な環境・組織に柔軟に対応します。
公式から抜粋

mixiみたいなものですね。

  • 2010/09/04 安定版の3.4が対象です。
  • Entryプランのシンプルパッケージで初期化した状態から試してます。
  • インストールされるPHPは 5.3.3 になります(OpenPne3.4では、PHP5.2.3以降が必要)

以下、公式のセットアップ手順を参考にしてます。

PHPのインストール

リポジトリ追加

wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm
rpm -Uvh remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-4.noarch.rpm

バージョン確認

yum --enablerepo=remi,epel info php php-devel php-gd php-mbstring php-mysql php-mcrypt

5.3.3と表示されているか確認

インストール

yum --enablerepo=remi,epel install php php-devel php-gd php-mbstring php-mysql php-mcrypt

その他のパッケージ インストール

yum -y --enablerepo=remi,epel install postfix ntp nmap subversion cvs net-snmp mod_ssl ImageMagick gd mysql-server gcc gcc-c++ flex libtool libtool-libs

メール設定

※ メール投稿を使う場合のみ必要

Postfixの設定

vi /etc/postfix/virtual
example.com anything
@example.com openpne_user

独自ドメインを使う場合は、example.com の部分を変更

設定反映

postmap /etc/postfix/virtual

エイリアスの設定

vi /etc/aliases
openpne_user: "| php /var/www/openpne3/symfony openpne:execute-mail-action"

設定反映

newaliases

Postfix設定

vi /etc/postfix/main.cf
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual

設定反映

service postfix restart

OpenPNE 設定

ダウンロードと設置

wget http://github.com/openpne/OpenPNE3/zipball/OpenPNE-3.4.6.2
unzip openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.4.6.2-0-gfa2e0fe.zip
mkdir /var/www/openpne3
mv openpne-OpenPNE3-fa2e0fe/* /var/www/openpne3/

設定ファイル編集

cd /var/www/openpne3
cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
cp config/OpenPNE.yml.sample config/OpenPNE.yml
vi config/OpenPNE.yml
base_url: "http://IPアドレス or 独自ドメイン"
# ↑ http://xxxx/sns/ で利用する場合は、http://IPアドレス or 独自ドメイン/sns/ まで入力
mail_domain: "example.com"

独自ドメインを使う場合は、example.com の部分を変更

OpenPNE インストール

MySQLを起動しておきます。

/etc/init.d/mysqld start

インストール開始

./symfony openpne:install
Choose DBMS
mysql と入力してEnter

Type database username
root と入力してEnter

Type database password (optional)
MySQLのパスワード。任意。空でも可能。

Type database hostname
localhost と入力してEnter

Type database port number (optional)
MySQLのポート番号。デフォルトでいいならそのままEnter。

Type database name
openpne MySQLのデータベース名。任意。入力してEnter

Type  database socket path (optional)
空のままEnter

The DBMS                 : mysql
The Database Username    : root
The Database Password    :
The Database Hostname    : localhost
The Database Port Number :
The Database Name        : openpne
The Database Socket      :  

Is it OK to start this task? (Y/n)
Y と入力してEnter

プラグインのインストールメッセージがずらずら流れて最後に installer installation is completed! と表示されてれば成功

.htaccessの設定

cd /var/www/openpne3
vi web/.htaccess
Rewritebase /
# ↑ コメントアウトを外す
Rewritebase /sns/

# 以下、http://xxxx/sns/ で使う場合の設定例
# コメントアウト↓
#Options +FollowSymLinks +ExecCGI
Rewritebase /sns/

apache設定

User、Groupどちらも apache で設定する場合です。
※ 初期状態の daemon だと、/var/lib/php/session に書き込み権限がないため、ログインできない問題が起こります。
※ OpenPNE.yml の session_storage: name : “database” に変えるか、apache に変えましょう

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
User apache
Group apache
DocumentRoot "/var/www/openpne3/web"
<Directory "/var/www/openpne3/web">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

# 以下、http://xxxx/sns/ で使う場合の設定例
DocumentRoot "/var/www/html"
Alias /sns /var/www/openpne3/web
<Directory "/var/www/openpne3/web">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

ユーザ、グループを apache に変更

chown -R apache:apache /var/www/openpne3

設定反映

/etc/init.d/httpd restart

ブラウザでアクセス

デフォルトのIDとパスワードで管理画面にログインできるようになっているため危険です。
さっさと管理者用のパスワードを変更します。

http://IPアドレス or 独自ドメイン/pc_backend.php へアクセス
・アカウント名 admin
・パスワード password
・ログインをクリック

ログインできたらパスワードを変更します。

・管理画面設定をクリック
・Change Password をクリック
・Old password: password
・New password: 任意のパスワード
・変更をクリック

管理者用アカウントのパスワードが変更できたら、一般ユーザでログインできるか試してみます。
http://IPアドレス or 独自ドメイン へアクセス
・メールアドレス: sns@example.com
・パスワード: password
・ログインをクリック

以下の画面になれば成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top