『サマーウォーズ』と『つながり力』


家族4人で映画も見にいってましたが、感動しすぎたためDVDも予約。amazonから届いていたので改めて見直したあとの感想をつらつらと。(ネタバレにならないように気をつけます。。)


「つながり」について

  • 学校の同級生
  • 学校の先輩と後輩
  • 先輩の家族
  • 家族(おばーちゃん)と日本中の有力者達
  • 仮想現実を利用する世界中の人達

と、つながりは拡大していきます。つながりが拡大するにつれて、『傍観者』でしかなかった人達も『主体者』へと変化していきます。

「家族」の広がり

なんらかの形でコミュニケーションさえとれれば『赤の他人』が『知り合い』になり、『対岸の火事』が『身内の危機』に変化します。見ず知らず同士が力を合わせて大きな目標を達成できる・・・そんな可能性を感じました。

愚直なほどに「信頼」する

「私の目に狂いはない。あんたならできる」この真摯な言葉が、主人公の熱意となり、友達、家族、世界中の人々へと感染し、つながりの拡大が成功したのだと思います。

現実社会では、映画のようにうまくいかないことが多いです。が・・・コミュニケーション(つながり)がうまく働いていないような場面では、ちょっとサマーウォーズを思い出してみます。

第33回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞!

映画を見た身としては、当然の結果ですが、他の作品が選ばれて「はぁ?」ってことにならなくてよかったです。

サマーウォーズ NEWS

そして、監督の細田守さまTwitterから。。

>映画賞に出席していいことは、女優さんの生の背中を間近で拝めることです。

ちょwwだいなしwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top