2010/12/27 に ServersMan@VPS へ導入された「AirDisplay」(AjaxTerm)とポート変更でいろんなトラブルが起こっているようです。
年末年始は暇でVPS弄る人も多いだろう、ということで対処法をまとめてみました。

続きを読む

2010/12/27 ServersMan@VPS が Ubuntu に対応しました。特にこれといった用途もないのに ServersMan@VPS Entry プラン + Ubuntu を勢いで追加してしまったため、「ServersMan@VPS 開通後にやっておくこと」の Ubuntu編を書いてみました。

続きを読む

あなたのサイトも最高2倍速に?!Google純正のサイト高速化モジュール『mod_pagespeed』だと・・・
で、紹介されていた Google 製の Apache モジュール「mod_pagespeed」を ServersMan@VPS に導入してみました。

動作環境

・CentOS
・Apache 2.2.3 (2.2ならOKらしい)

2010/11/05 追記
導入後、error_log が大量に吐かれたあげく、apacheのプロセスは上がったまま無反応になったので、しばらく利用はやめておきます。導入する方は気をつけてください(´・ω・`)

続きを読む

当Blogは、ServersMan@VPS の Entry プランで動かしてます。今のところ、特にもっさりしてるとは感じてませんが、WordPress も PHP で動いているので、eAccelerator を入れて高速化してみました。

続きを読む

ServersMan@VPS 標準装備の「ServersMan」ですが、Twitter で「いつのまにか落ちてる(ノД`)」っていうつぶやきをたまーに見かけるので、ServesManのプロセスを監視してお亡くなりになっていたら自動で起動する方法をまとめました。

実は、先日の Monit 記事 を書いていて「ServersManもやってみよう」と思ったら CLI から起動できるわけじゃないし、pid ファイルも吐いてないみたいで Monit では実現できそうにないため Python の自作スクリプトで強引に実現させてます。

いつもどおり DTI 非公認 かつ ServersMan の仕様が変わると動かなくなるので、自己責任でお願いします。

続きを読む

PHP 製 CMS の Drupal 6 (2010/10/05 現在最新) をインストールする方法をまとめました。

Drupal とは

・GNU GPL 2 ライセンス
・オープンソースの洗練された CMS
・言語は PHP
・データベースは MySQL や PostgreSQL
・個人のブログから企業のサイトまで幅広く利用可能
Firefoxのサイトや、NASAのサイトをはじめとして、数多くの有名サイトで採用

http://drupal.jp/about_drupal より引用

2009年のオープンソースCMSアワード(優秀なオープンソースCMSを投票により決定するアワード)
では、PHP製 CMS で1位 + 殿堂入り と実績のあるソフトです。

動作環境

  • PHP 5.2 以上
  • MySQL 4.1 以上 or PostreSQL 7.4 以上

今回は、PHP 5.3.3 + MySQL 5.1.50 で試してみます。

続きを読む

Django、Ruby、Perlで代表的なフレームワークを紹介してきたので次は、PHPのフレームワークである CakePHP のインストール方法をまとめてみました。(そのうち symfony もやってみようと思います)

  • CakePHP のバージョンは、現在最新の 1.3.4
  • データベースは、MySQL 5.1.50
  • PHPは、5.3.3

続きを読む

フレームワークで Python といえば Django、Ruby といえば Rails、Perl といえば Catalyst でしょう、ということで、インストールから簡易掲示板作成までやってみました。

Django、Rails、Catalyst と試してみましたが、正直、今回が一番辛かったです・・・

続きを読む

CodeZine の記事 は、Ruby 1.8 + Rails 2.3.8 なので、最新の Ruby + Rails を ServersMan@VPS へインストールする方法を紹介します。(何番煎じだ、って気はしますが・・・。)

  • Ruby 1.9.2
  • Rails 3.0.0
  • データベースは MySQL (SQLite は、3.6.16以上が必要でちょっと面倒)
  • ServersMan@VPS は、Entry プランで試しました。

続きを読む

ServersMan@VPS に ImpressCMS 1.2.1 (2010/09/26 最新) をインストールしてみます。
ImpressCMS の動作には PHP 5.2.5 以上、5.3未満 (5.3 はNG)、MySQL 4.1 以上(5推奨)が必須です。

ImpressCMSとは

・ImpressCMSは、XOOPSから発展して生まれた
・コミュニティサイト・ポータルサイトを短時間で構築、オンラインで運用
・ImpressCMSは様々なホームページで使用することができます
・2万人以上の従業員を持つ大企業のイントラネットから、5ページ程度の企業PRサイトまで網羅
・オンラインのコミュニティサイト作りに非常に適しています
・クローズドな会員ページも、オープンなサイト作りも、ちょっとした設定で簡単に構築

http://www.impresscms.me/ より引用

2009年のオープンソースCMSアワード(優秀なオープンソースCMSを投票により決定するアワード)
では、有望なオープンソースCMSとして1位になってます。(ちなみに総合1位は、WordPress)

続きを読む

Top