Windows の gvim に neocomplcache をインストール


vim で自動補完しまくってくれる必須プラグイン「neocomplcache」の Windows + gvim でインストールする方法を紹介します。今は、これが使えないと仕事にならないぐらい便利なプラグインだと思います。

neocomplcache とは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/neocomplcache

gvim は、KaoriYaさんで配布されてるvim7.3 を利用していることを前提に紹介します。
http://www.kaoriya.net/software/vim

neocomplcache をダウンロード

githubからダウンロードします。まず、以下へアクセス。
https://github.com/Shougo/neocomplcache

左側のDownloadをクリック、ポップアップするウィンドウの zip をクリックしてダウンロード。

neocomplecacheのファイルを設置

zipファイルを解凍して、autoload, doc, ftplugin などが並んでいるディレクトリのフォルダを全て、以下のフォルダにコピーします。

vim73-kaoriya-win32 ( or 64)\runtime

※ gvim.exe が入っているフォルダ内の runtime フォルダの中です。

設定ファイルを編集

vim73-kaoriya-win32 ( or 64) フォルダ内の gvimrc ファイルをエディタで開いて以下を追加。

let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1

※ もしうまくいかない場合は、代わりに以下を追加してみて試してください。

NeoComplCacheEnable

自動補完が有効になったか確認

gvim を起動して、インサートモードにしてからよくありそうな文字を数文字いれると・・・

自動補完リストが自動的に表示されて、Ctrl+Nで次のリスト、Ctrl+Pで前のリストに移動できます。
よい vim ライフを!!

Tag  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top