CodeZine の記事 は、Ruby 1.8 + Rails 2.3.8 なので、最新の Ruby + Rails を ServersMan@VPS へインストールする方法を紹介します。(何番煎じだ、って気はしますが・・・。)

  • Ruby 1.9.2
  • Rails 3.0.0
  • データベースは MySQL (SQLite は、3.6.16以上が必要でちょっと面倒)
  • ServersMan@VPS は、Entry プランで試しました。

続きを読む

ServersMan@VPS に ImpressCMS 1.2.1 (2010/09/26 最新) をインストールしてみます。
ImpressCMS の動作には PHP 5.2.5 以上、5.3未満 (5.3 はNG)、MySQL 4.1 以上(5推奨)が必須です。

ImpressCMSとは

・ImpressCMSは、XOOPSから発展して生まれた
・コミュニティサイト・ポータルサイトを短時間で構築、オンラインで運用
・ImpressCMSは様々なホームページで使用することができます
・2万人以上の従業員を持つ大企業のイントラネットから、5ページ程度の企業PRサイトまで網羅
・オンラインのコミュニティサイト作りに非常に適しています
・クローズドな会員ページも、オープンなサイト作りも、ちょっとした設定で簡単に構築

http://www.impresscms.me/ より引用

2009年のオープンソースCMSアワード(優秀なオープンソースCMSを投票により決定するアワード)
では、有望なオープンソースCMSとして1位になってます。(ちなみに総合1位は、WordPress)

続きを読む

ServersMan@VPS に Python 製の CMS、Plone 4 (最新版)をインストールしてみます。
Plone の動作には Python2.6、Webサーバ(httpd)として Zope が必須になりますが、インストール自体はとても簡単です。

Plone とは

・WYSIWYGエディタを搭載したコンテンツマネジメント・システム
・インストールが終わったらすぐに使える「Out of The Box (OOTB)」ソリューション
・高度なワークフローやページ、画像、ファイルと多彩なコンテンツの登録や発行管理
・サイト内の全文検索
・大規模なインターネットサイトのコンテンツマネジメントでも真価を発揮

http://plone.jp/ より引用

続きを読む

Picnikはサービス終了。代替サービスとなる PicMonkey版 を作成したので使ってください。

以下過去ログです。

Chrome のスクリーンショットを Picnik で加工して、直接 WordPress に保存しちゃう方法を紹介します。普段から、この3ツールを利用している自分のために開発しましたが強烈に便利です。

注意

  • Chrome と Picnik と WordPress を使ってない人は意味がありません。
  • WordPress のコアなファイルを多少編集することになります。(プラグインで可能なのかわからなかった)
  • Picnik の API Key 取得が必須です。(もちろん無料)
  • Chrome拡張、Picnik->WordPress(自作) のインストールが必須です。
  • セキュリティは、WordPress の admin権限任せです。誰でも画像がアップロードできるように設定されていると危険な可能性があります。
  • WordPress3 で動作確認してます。2 は編集内容が違うかもしれません。
  • 本ブログを参考にして発生した被害、損害について責任は負いかねますのでご了承ください。

2011/04/03 追記

久しぶりに使ったらエラーが発生していたので調べたら、picnik側の画像データをPostするサーバが変更されていてサーバ名チェック部分でこけてました。
Picnik からのリクエストを処理するPHPを作る の手順で設置したファイルの以下の部分を変更すると直ります。

× $picnik_host = ‘www.picnik.com’;
○ $picnik_host = ‘gw.picnik.com’;

続きを読む

前回(ServersMan@VPS Python 2.7 + Django 1.2.3 のインストール)からの続きです。
Django で簡単な掲示板を作ってみます。

  • Django 1.2.3
  • Python 2.7
  • データベースはSQLite3

続きを読む

Ruby + RoR のインストール記事が既出なので、Python + Django のインストール方法をまとめました。

Djangoとは (wikipedia より抜粋)

Django(ジャンゴ)は、Pythonで実装されたWebアプリケーションフレームワーク。 model-view-controller デザインパターンに緩やかに従う。

  • Python は 2.7 (Django が動く最新ってことで)
  • Django は、最新の 1.2.3

続きを読む

生みの親からも「腐った牛乳」とか言われちゃう可哀想な子、InternetExplorer6。
2009年8月に「IE6 No More」こと、IE6撲滅キャンペーンのニュースが流れて、1年以上経過しちゃいましたが、当ブログにも IE6 No More 用のタグを埋め込みました。

続きを読む

Tag  

人気の記事を集計して表示してくれるプラグイン WordPress Popular Posts をインストールしました。(WordPress.com のほうじゃないです)
が・・・当たり前ながら、インストール後に見てもらった記事しかデータは反映されません。
せっかくの人気記事なので過去データを反映する方法を紹介します。

続きを読む

Tag  

Twitter で「PHP を最新にしたら BlueOnyx が使えなくなった」という嘆きをよく見かけるので、PHP 5.3.3 + BlueOnyx の組み合わせで動くようにするためのまとめです。結果的に MySQL もバージョンアップが必要です。

  • BlueOnyx 内の全機能で動作確認したわけではないので、一部の機能は使えない可能性があります。
  • DTI でも保証外なので自己責任で試してください。
  • MySQLも 5.0.77 → 5.1.50 へ Update が必要です。
  • 各作業は root で実施してください。

続きを読む

せっかくのVPSなので、独自ドメイン + VPSを使ったメール運用をまとめてみました。

  • ドメイン管理は、Value Domain (そのうちDTIドメイン管理のもUPしたい)
  • メールサーバ(送信、受信)は、ServersMan@VPS
  • MTA(メール転送エージェント。メールを配る) は、Postfix
  • MDA(メール配送エージェント。メールを受け取る)は、Dovecot
  • クライアント < -> メールサーバ間の通信は、OpenSSLで暗号化
    ※ メールサーバ < -> メールサーバ間は暗号化されるわけじゃないので注意。
    ※ よい子は、メール本文にパスワードなんて書いて送っちゃいけないZO☆
  • メール送信は、SMTP Auth(メール送信ユーザ認証)
  • アカウント管理は、システムアカウントと共通
  • パスワードの暗号化は、アカウント管理をシステムアカウント共通にするため、なし (そのためのSSLってことで)

続きを読む

Top